ストレス減!聴解でスマホとBluetoothスピーカーを使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
anker soundcore nano 日本語教師 聴解 iPhone

聴解や会話文を聞かせるためにラジカセを使うことがよくあるかと思います。

ラジカセって結構不便じゃありませんか?CDを用意して、ラジカセを教室まで運ぶのは手間ですし、授業中は巻き戻しするのがうまくいかず、学生を待たせてしまうことも少なくないです。

そんな問題を解決するのがBluetoothスピーカー。

今回は聴解授業などでのBluetoothスピーカーの使用例やメリットについてシェアしたいと思います。

Bluetoothスピーカーとは

スマホやタブレットなどBluetooth対応端末で使える無線のスピーカーです。

スマホやタブレットなどで曲・音の選択や再生をします。

使うもの

  • iPhone/Android/iPadなどBluetooth対応端末
  • Bluetoothスピーカー

個人的にオススメのBluetoothスピーカーはSoundCore nanoです。

非常にコンパクトで軽いのが特徴です。手に乗る小ささですが20人程度の教室では十分な音量・音質です。価格が2000円以下というのもオススメポイントです。

事前準備

スマホ/タブレットなどに授業で使うCDの音源を取り込んでおきます。

Bluetoothスピーカーの取扱説明書に従って、スマホ/タブレットなどとのペアリングを済ませておきます。

授業で使う

Bluetoothスピーカーの電源を入れるとスマホ/タブレットなどと接続されます。

そのあとはスマホ/タブレットなどでトラックを選んで再生するだけです。

メリット

巻き戻しが楽

スマホ/タブレットの画面でスライドするだけで巻き戻しが可能です。

日本語教師 聴解 Bluetoothスピーカー

机間巡視しながら行える

無線で使えるのでスマホ/タブレットを片手に机間巡視しながら聴解を行うことができます。もうラジカセの横に張り付いている必要はありません。

終わりに

小さいスピーカーなら毎回持ち運んでも苦になりません。

ラジカセを使うのに不便を感じている先生方、ぜひ試してみてください。

以上、参考になれば幸いです。

LINEはじめました!

友だち追加




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*