プロジェクターを使うミニマルな授業方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本語学校で授業をする際、絵カード、文字カードなどの準備や管理に困っていませんか?

プロジェクターとスライドを使って授業をすると、文字カード、絵カードの「モノ」が減ります。モノが減ることで、テンポよく授業をすることができます。

今回はプロジェクターを使う授業とは、どんな様子なのか、何を用意すればよいのか、を書きます。

プレゼンテーションと同じです

プロジェクターを使って行う授業は、会社などで行うプレゼンと同じようなイメージです。

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s

PowerPointやKeynoteなどのプレゼンテーションソフトを使ってスライドを作成し、ホワイトボードや壁にスライドを投影して授業を行います。プロジェクターでなくても、大画面のテレビでも問題ありません。

一度スライド作ってしまえば、同じ箇所を再度教えるときに、準備の手間が省けます。

まだまだ設備が整っていない学校が多いかと思いますが、個人で持ち運べるサイズのプロジェクターを用意してしまうという選択肢もあります。

私はこの仕事を始めた当初からプロジェクターとスライドを使って授業をしています。とにかくモノを減らしたかったからです。実際に授業をしてみると、プロジェクターを使って画像や動画をたくさん学生に見せることができるので、学生の反応はよいです。

用意するもの

  • プロジェクター(テレビでも可)
  • タブレット、スマホ、パソコンのいずれか
  • HDMIケーブル
  • AVアダプタ

教室内にプロジェクターが設置されていれば、おそらくHDMIケーブルも学校に用意されていると思うので、自分で用意すべきものは2点だけになります。

場合によっては、以下のものも必要です。

  • 延長コード
  • 充電器
  • スピーカー
  • 三脚

延長コードは、コンセントが遠い場合必要です。

バッテリー切れが心配な場合はタブレットなどを充電しながら行う必要があります。

動画を見せる場合、スピーカーがないと音が小さいかもしれません。

ポータブルサイズのプロジェクターを使う場合、角度をつけるために三脚が必要になります。

事前準備

今回はiPadとポータブルプロジェクターを使う方法をご紹介します。

まず、パソコンでプレゼンテーションソフトを使ってスライドを作ります。有名なプレゼンテーションソフトは、PowerPoint、Keynoteです。

スライドを作る段階で授業行う順番にスライドを並べることがポイントです。そうすることでテンポよく授業を行えます。また、教案の内容を減らすこともでき、一石二鳥です。

作ったスライドはiPadと同期して、iPadで見られる状態にしておきます。同期はパソコンの方と同じアプリを使うことで簡単に行えます。Keynoteの場合は、iPadアプリを開くだけで同期が行われます。

Keynote

2,400円
(2016.11.29時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

iPadのアプリだけでスライドを作ることもできます。iPadアプリにもPowerPointとKeynoteがあります。iPhoneでも使用可能です。

Keynote

1,200円
(2016.11.30時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

接続・設置

  1. 繋げる
  2. プロジェクターの電源を入れる
  3. iPadでスライドのアプリを開く
  4. 投影されたものを見て、位置やピントを調整する

 

繋げるのはとても簡単です。以下の画像のように、ただ繋げるだけです。

ポータブルプロジェクターとiPadの接続

今回は携帯できる小さいプロジェクターを使用しているので、ミニ三脚も使っています。

作ったスライドやiPadの画面をテレビに映す場合は、テレビにHDMIケーブルを挿します。

テレビにHDMIケーブルを挿す

授業

絵カード、文字カード、フラッシュカードなどは全てスライドの中にありますから、iPadでスライドをめくりながら話すだけです。

私はほとんどスライドで済ませてしまうので、滅多に板書しないのですが、必要であれば板書します。

一度接続してしまえば、iPadに表示されているものが、全部プロジェクターに映ることになります。ですから、授業でウェブサイトの画面を見せたい時など大画面で見せることができます。

急な対応もできます。例えば、単語の意味について質問されて該当する絵カードがなかった場合でも、Googleの画像検索をすれば、写真や絵を見せることができます。

今回使用したもの

接続の画像に写っているものはこちらになります。(iPadは現行モデルではないです。HDMIケーブルも以下のものではありません。)

以上、なんとなくイメージしていただけたでしょうか。

iPadでなくても、iPhoneでも同じことができますので、学校にプロジェクターの設備がある場合は是非挑戦してみてください。接続の仕方、使い方などはだいたい上記のような流れがほとんどのはずです。

絵カード、フラッシュカードをスライドで作る方法は、後日記事にする予定です。

参考になれば、幸いです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*