Apple Watchのカンペアプリで教案を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

皆さんは何を使って教案を作っていますか?

WordやPagesなどの文書作成アプリを使ったり、ノートなどに書き溜めている方が多いのかな、と思います。

今回はiPhoneで教案を作り、Apple Watchで確認する便利な方法をシェアいたします。

使うもの

  • iPhone
  • Apple Watch
  • アプリ「Prompter Watch」

使い方

iPhoneで教案を作る

iPhoneでPrompter Watchを開き、教案を入力します。

No.1からNo.30まで入力できるようになっています。No.1から順に授業を行う内容を入力します。

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

教案の最後まで入力し終えたらiPhone側での操作は終了です。

Apple Watchで見る

Apple Watchを開くと即座にiPhoneで入力した内容が反映されます。

スタートする場所をタップし、その後はページ下に表示される矢印をタップして進めていきます。

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

設定など

iPhone側の設定画面で文字の大きさを変更できます。また入力した内容を全部消すことができます。

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

Prompter Watch Apple Watch カンペアプリ

メリット・デメリット

メリット

  • ペーパーレス
  • 常に手元にあるから確認しやすい

すでに先生をされている方はおわかりだと思いますが、授業中は色々な紙やテキスト類で教卓が乱雑になりやすいです。ですので、いつでも手元で確認できる安心感があるかと思います。

デメリット

  • 保存できない

残念ながら今のところ、作ったカンペ(教案)を複数保存しておく機能や、何かに書き出すというエクスポート機能はありません。ですので、1回作って消してしまったら再利用できないのが難点です。

終わりに

このPrompter Watchはプレゼンテーションやスピーチのカンペアプリですので、授業以外でも活用できます。

無料のアプリですので、Apple Watchを持っている方は是非一度試してみてください。

以上、参考になれば幸いです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*