Keynote

初級授業準備を時短するために工夫していること

Finger board Magic Kit 活用カード

お久しぶりです。長らく更新が止まっておりました。
ブログの更新を楽しみにしてくださっていた方には申し訳ないです。

今後は月に1〜2回程度でも毎月更新していきたいと思っております。

さて、今回は私の初級授業準備の時間短縮の工夫についてです。

続きを読む

PowerPointやKeynoteでフラッシュカードを作る

日本語教師の必須アイテムかもしれないフラッシュカード。みなさん、どのように工夫されていますか?

私はAppleのプレゼンテーションアプリ「Keynote」を使ってフラッシュカードを作っています。

今回はPowerPoint、Keynoteなどでのフラッシュカード作りについてシェアいたします。

続きを読む

Apple Watchを使って絵カードやフラッシュカードをめくる

以前、スライドで絵カードを作る方法、そして、作ったスライドをプロジェクターで映して授業をする方法をご紹介しました。

まだ記事にしていないのですが、絵カードの他にもフラッシュカードもスライドで作ると非常に便利です。(今後記事にする予定です!)

絵カードやフラッシュカードは結構な枚数があったりしますよね。スライドが便利と言えど、スライドを再生させる端末(パソコン、スマホ、タブレットなど)と自分が立つ位置に少しでも距離があると、いちいち動かないとならずやや不便に感じるかもしれません。

今回はそんな問題を解決するApple Watchのリモート機能をご紹介いたします。

続きを読む

Macユーザー向けiPhone/iPadで教科書体を使う2つの方法

以前、Macで教科書体が使えることをシェアさせていただきました。

iPadやiPhoneでも教科書体が使えればとても便利なのですが、残念ながら今のところiPad/iPhoneでは教科書体が標準で使えるようにはなっていません。

しかしiPad/iPhoneでも教科書体を使う方法がありますので、今回はその方法をシェアいたします。

※今回はすでにパソコンやiPad/iPhoneの操作に慣れている方向けです。

続きを読む

Macなら標準で教科書体が使えるのをご存知でしたか?

日本語教師は学生へ配布するプリントや授業で使うスライドなど、書体に配慮する必要があります。

私はMacを使っているので、最近のWindowsのことはわからないのですが、最新のMacには教科書体が標準でセットされています。

今回はMacの教科書体、そしてフォントの比較をご紹介します。

続きを読む

iPhone・iPadのKeynoteスライドを再生する方法

『iPhone・iPadのKeynoteを使って絵カードを作る方法』という記事で、絵カードをスライドで作る方法をご紹介しました。

編集画面をそのまま相手に見せて使うのでも問題ありませんが、見せられる側がやや見にくかったり、一つのスライドに集中できなかったりします。ですので、誰かに見せる場合は、「再生」して使うのがベストです。

今回は、Keynoteのスライドの再生方法について書きます。

続きを読む

Keynote、PowerPoint、Googleスライド、どれを使う?

iPhone・iPadアプリのKeynote、PowerPoint、Googleスライドで絵カードを作る方法をご紹介しました。

「これからスライドを作ってみたいけど、どれでスライドを作るべきなのかわからない!」という方のために、今回はアプリ別でオススメなタイプをご紹介します。

続きを読む

iPhone・iPadのKeynoteを使って絵カードを作る方法

前回、プロジェクターを授業で使う方法について書きました。

実際、プロジェクターに何を映すのかですが、プレゼンソフトで作るスライドの絵カード、フラッシュカードなどがあります。

スライドの絵カード、フラッシュカードは、クラス授業でならプロジェクターやテレビに映して使えますし、プライベートレッスンならiPadの画面をそのまま学習者に見せて使うことができます。

今回はそんな便利なスライドの絵カードをiPhone・iPadで作る方法をご紹介します。

続きを読む