PowerPoint

PowerPointやKeynoteでフラッシュカードを作る

日本語教師の必須アイテムかもしれないフラッシュカード。みなさん、どのように工夫されていますか?

私はAppleのプレゼンテーションアプリ「Keynote」を使ってフラッシュカードを作っています。

今回はPowerPoint、Keynoteなどでのフラッシュカード作りについてシェアいたします。

続きを読む

Apple Watchを使って絵カードやフラッシュカードをめくる

以前、スライドで絵カードを作る方法、そして、作ったスライドをプロジェクターで映して授業をする方法をご紹介しました。

まだ記事にしていないのですが、絵カードの他にもフラッシュカードもスライドで作ると非常に便利です。(今後記事にする予定です!)

絵カードやフラッシュカードは結構な枚数があったりしますよね。スライドが便利と言えど、スライドを再生させる端末(パソコン、スマホ、タブレットなど)と自分が立つ位置に少しでも距離があると、いちいち動かないとならずやや不便に感じるかもしれません。

今回はそんな問題を解決するApple Watchのリモート機能をご紹介いたします。

続きを読む

Macユーザー向けiPhone/iPadで教科書体を使う2つの方法

以前、Macで教科書体が使えることをシェアさせていただきました。

iPadやiPhoneでも教科書体が使えればとても便利なのですが、残念ながら今のところiPad/iPhoneでは教科書体が標準で使えるようにはなっていません。

しかしiPad/iPhoneでも教科書体を使う方法がありますので、今回はその方法をシェアいたします。

※今回はすでにパソコンやiPad/iPhoneの操作に慣れている方向けです。

続きを読む

Keynote、PowerPoint、Googleスライド、どれを使う?

iPhone・iPadアプリのKeynote、PowerPoint、Googleスライドで絵カードを作る方法をご紹介しました。

「これからスライドを作ってみたいけど、どれでスライドを作るべきなのかわからない!」という方のために、今回はアプリ別でオススメなタイプをご紹介します。

続きを読む